コラム

コンビニのカット野菜に栄養がないってほんと?

簡単に野菜を取れるコンビニのカット野菜、私もたまに利用させてもらっています。

でもそんなカット野菜というと「野菜を加工する段階で栄養がほとんど無くなってしまっている」という噂を耳にします。

これはかなり有名な噂ですので、本当だと思っている方も多いのではないでしょうか。

ですが実際には栄養はしっかりと含まれています。

  • なぜこのような噂が出てしまったのか?
  • 実際にカット野菜はどのように加工されているのか?

を説明させていただきます!

「カット野菜に栄養がない」は本当か?

結論から言うと、スーパーで売っている生の野菜よりは栄養がすくなるのは本当です。ただし、少なくなるのは本当にごく一部の栄養でしかありません。

と言うのも、これはカット野菜の加工方法に理由があるんです。

カット野菜の加工工程は?

カット野菜は加工(袋つめ)する前に、厚生労働省が作成した「大量調理施設衛生管理マニュアル」に則って調理する必要があります。

それによると

野菜及び果物を加熱せずに供する場合には、別添2に従い、流水(飲用適のもの。
以下同じ。)で十分洗浄し、必要に応じて次亜塩素酸ナトリウム(生食用野菜にあ
っては、亜塩素酸ナトリウムも使用可)の200mg/ℓの溶液に5分間(100mg/ℓ
の溶液の場合は10分間)又はこれと同等の効果を有するもの(食品添加物として
使用できる有機酸等)で殺菌を行った後、十分な流水ですすぎ洗いを行うこと。

厚生労働省「大量調理施設衛生管理マニュアル

と言うのが加工方法になります。

この流水で洗うと言う工程を家庭以上にしっかり行うために、一部の水溶性ビタミンが流れ出てしまっている。
というのがカット野菜の噂の真実です。

ただし水溶性以外の栄養、三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)はほとんど減らないので問題ありません。

ちなみに水溶性ビタミンというのは主にビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2

のことなのですが、これはコンビニだから無くなってしまうわけではなく、自宅で調理する際も長時間水につけたり、加熱したりするだけで簡単に流れ出てしまうものです。

どうしてもビタミンCが気になる方はフルーツかサプリメントか加熱しても汁ごと食べられる調理をすると良いでしょう。

参照:JA全農野菜の栄養素を落さずに食べる方法を教えてください。

カット野菜は健康に全く問題はなし!

先ほどの工程にて

必要に応じて次亜塩素酸ナトリウム(生食用野菜にあっては、亜塩素酸ナトリウムも使用可)の200mg/ℓの溶液に5分間(100mg/ℓの溶液の場合は10分間)又はこれと同等の効果を有するもの(食品添加物として使用できる有機酸等)で殺菌を行った後、十分な流水ですすぎ洗いを行うこと。

厚生労働省「大量調理施設衛生管理マニュアル

という工程もあり、

『「亜塩素酸ナトリウム」なんだか怖い、、、』と思う方もいらっしゃると思いますが、次亜塩素酸ナトリウムは食品添加物として国に認められているため、仮に次亜塩素酸ナトリウムだけを食べたとしても健康に影響はないとされています。

【次亜塩素酸ナトリウム】と聞くと少し怖いですが、(調べてて私もちょっと不安になりました(笑))、健康に影響はない成分であり、再び洗浄しているので、殺菌成分が野菜に残っていることありません。

むしろ野菜をそのまま食べるよりも、安心して食べることができます。

<div class=”concept-box6″><p>コンビニの野菜が偏食しづらい理由は?
コンビニの野菜に対する偏見で「コンビニの野菜は変色しない!保存料着色料が大量に使われている!」というものもあります。
しかしこれは科学用品のせいではなく、袋の中に充填されている空気に秘密があります。そもそも野菜が変色してしまう理由は空気の酸素にふれ酸化してしまうためです。
カット野菜は梱包する際にその中の空気に窒素を使っているため、野菜が酸素に触れないようにして変色防止を防いでいるんです。</p></div>

カット野菜にはメリットがたくさん

コンビニカット野菜

コンビニのカット野菜が栄養素が少ないという嘘なのはわかっていただけたと思います。その上でどんなメリットがあるのかを簡単に確認しましょう。

お手軽に野菜を摂取できる

まずなんと言っても、カット野菜の良さは簡単に野菜を手に入れられることですよね。

  • スーパーに行かなくても、コンビニで購入でき、
  • 野菜をカットして洗わなくても、そのまま食べることができる

というのは非常に楽です。

キャベツの千切りなどは家で作るのは、料理を日常的にしない人には結構めんどくさいですが、コンビニなら買ってそのまま食べれます。なんだったらイートインで食べれますから

いかにコンビニのカット野菜はお手軽に野菜を取れるかわかりますよね。

無駄を出さずに複数の野菜を摂取できる

私が特にメリットに感じているのはコレ。

うちの家は2人暮らしなのですが、2人分の野菜って結構買いづらいというか、
例えばレタスを買ったら料理を考えないと最後の方は「ああ。。。結構キテるな、、、」という感じになります(笑)

それが満遍なく野菜を取ろうとするとそれぞれの野菜をバラバラに買ってきて、献立をうまく考えて消費しないといけません。(サラダをたくさん食べる家庭なら問題ないのかな?)

そんな時にカット野菜なら、翌日以降の献立を考える必要がなく使い切ることができます。

カット野菜単体だとスーパーで野菜を買ってくるのと比べて高くなってしまいがちなんですが、お手軽さと無駄なく使えることを考えるとむしろお得なんじゃないか?と思う時もあるほどです。

コンビニのカット野菜の噂が出た理由

おそらく野菜の加工方法が理由で「洗浄に使っている薬剤が不安」「洗浄の回数が多い」というところから、『カット野菜に栄養はない』という噂が出たのだと思います。

しかし、実際には洗浄方法には問題はなく、水溶性ビタミンの一部だけが減っているだけです。

噂は気にせずカット野菜を利用して行って問題ありません!

国産のあんしん野菜をお試ししませんか?

カット野菜に問題はありません!
ありませんが、、、

やっぱり次亜塩素酸ナトリウムで洗われているカット野菜は少し抵抗があるあなたへお勧めしたいのが

オイシックスです。
今、お得なキャンペーンをやっていて、11品+プリンがついて

なんと1980円

めちゃくちゃお得なのでSNSでもかなりの人気。

 

View this post on Instagram

 

かぼす(@kabo_world)がシェアした投稿

 

View this post on Instagram

 

Noguchi Madoka(@mado_suomi)がシェアした投稿

  • 料理を楽したい
  • 国産のあんしんな野菜が食べたい

方はぜひこの機会にお試しください。


「公式HPはこちら」